0年 0月 の投稿一覧

淡路達吉餅屋

上新田の友達から「つまみ饅頭」を時々頂きますが、お店に伺うのは今回が初めてです。

工場が店の裏手に有り、ご主人が一人で作っていて、生ものなので数多く作るのは難しいとのことです。

お客さんは今町や見附の人達だけでなく、三条や市外からも沢山来られるとのことです。

つまみ饅頭は、皮がモチモチして、ちょっと塩っぽくてクセになる美味しさで、休みの日は早く買いに行かないと売り切れてしまうので、今町の訳知りのファンが前日に予約しています。

店長の息子さんが「いらっしゃいませ、ありがとうございます」となんて可愛いこと、将来が楽しみですね。

屋号の「たっつぉろん」の由来は、餅屋辰蔵がなまって伝わったとのことです。

他にも、季節の和菓子が販売されています。

(文責:酒井 美代子)

住所   見附市今町3-2-20
TEL    0258-66-2480
店主   淡路和吉
営業時間 8:00~17:00
休業日  不定休

泊屋菓子舗

路地を入った正面に、戊辰の舞台の永閑寺、後ろに見附初の名誉市民・入沢達吉の生家、その恵まれた地に京の流れをくむ四代目泊屋菓子鋪がある。

このお店の「おこわ」は以前からの大ファンだ! 今どきはラップで中の商品が見えるのが主流の中、地味な包装紙で包み、中の「おこわ」を見せなくとも売れるとは・・・味に絶対的な自信があるからか!! コクのある味と、ぎっしりの量、何よりも安いのが嬉しい。

お店に入って椅子に入ったとたん「ごめんくださ~い! 五目赤飯150個をお願いしまぁす」と若い女性のお客様、その後も次から次へと・・・主人に聞いたら「おこわ」は、醤油、ピンク、栗、五目の四種類とか。

中でも忘れてならないのが、「ギュウヒ」入りの「白あん」に「黒いつぶあん」と配色のコントラストが京風の「凧もなか」、今では、市外からの評判を呼んで、清水フードセンター、JAただいまーと、道の駅パティオにも卸しているとか。

こんな忙しい中でも、地域活動には大変活躍され貢献されています。これからも泊屋さんが末永く続いていくことを願っています。

(文責:中川一男)

自宅   見附市 今町1-9-10
TEL    0258-66-2225
FAX       0258-66-8416
営業時間 7時30分~19時
休日   元日

泊屋さんの凧もなか

米善さんの「お酢」

今町の老舗味噌店「米善」さんで、お酢を製造販売しているって皆さんご存知でしたか?

餃子のたれにすると最高に美味しい(あくまで個人の感想ですが…)と聞き、是非一度試したくなり、興味津々でお店に伺いました。

お店で売っていたのは昔ながらの一升瓶のお酢で、第一印象は「使いきれないかも~」しかーし激安!!すっかり舞い上がって「えーい買っちゃえー」と一升瓶と味噌漬けを購入。

さっそく試飲&試食♥一言でいえば「まろやかぁ~」癖がないので使い方によって、なんとでもなるのが、またいいですねぇ~。「賞味期限なんかないよぉ」というお店の人の言葉もありがたい♪(一応半年らしいです)友達とシェアしてあっという間に無くなってしまいました。

最近は二百ミリリットルのお求めやすいサイズがイマドキのデザインで売られているようで、ちょっとした「手土産」゛にもいいと思いますよ。

ちなみに味噌漬けは一個から購入できました。樽出しの風情がいいですよぉ~。しっかり味の大根の味噌漬けを刻んで、あったかご飯にのーせて♥美味しくいただきました。

今度は、香りが強くて甘い、という三年味噌も試してみたいでーす。

 

米善さんの酢

元気創造 今町・くすりの駅

今町商店街の「けんしん」さん隣にあるひときわ賑やかなお店が「扇長薬局」です。本薬局の初代創業者(明治時代)が新潟県の薬剤師だ一号だったこと知る人ぞ知る有名な話。現在の「強面ヒゲ」でおなじみの日高さんが第四代目の社長で、ご家族みんなが薬剤師で非常に仲が良い雰囲気が伝わってくるお店です。毎日店頭に掲示される「今日は何の日?」コーナーや各種衣料品・化粧品、Tシャツやフィギア(人形)など様々な商品が並んでいますが、最近はじめられ人気の「漢方カフェ」が出色です。疾患へ集中的に投与され即効性のある西洋医薬と比べて、一人ひとりの体質に合わせじっくりと改善していく漢方薬は現代のストレス社会・高齢社会の到来によって今静かなブームになっています。

また漢方薬の効果は煎じて飲むのが一番と言われていますが。煎じるタイプの漢方薬を約30種類常備しお客様の相談に応じ、体調や美容に合わせるスタイルは県内に5カ所しかないとのこと。一杯378円(税込)での提供は大変ありがたいサービスです。既に漢方カフェには、保育園お迎えのママさんなど数名の常連さんが居られるとのことです、まだまだ余裕があるので是非足をお運びくださいとのことです。運がよければ社長の薬膳カレーを味わうことができますよ。

扇長薬局さんの店内